WiFiって?ワイファイ?ワイハイ?こんなに便利なのにややこしい!

どもです
ポン太です。

今日は超初心者的なことを書きますねー。技術的なことではないので読み飛ばしてもらっても全然オッケーな内容です

記事の内容は、このブログはWiFiルーターについてのブログなのですけれど、「WiFiの読み方ってなんて読むの?」っていう話です。


ワイファイなのかワイハイなのか


テレビとかで宣伝してるWiFiルーターですけれど、読み方が微妙ですよね。聞き取りにくい。個人的には「ワイハイ」って言ってるように聞こえます。そして、読者の方が質問メールを送ってくれることがあるのですけれど「ワイファイ」って書く方と「ワイハイ」って書く方の2通りいます。英語で書く方は「WiFi」と「Wi-Fi」と「wi-hi」の3通り。

まぁ別に呼び方とか書き方なので重要なことじゃないのですけれど、個人的にかなり気になったので一応調べてみました。

ネットで調べ物をする時に便利なのがウィキペディアっていうサイトです。ネット上の辞書みたいなものですね。僕もよくお世話になってます。


正しくは「Wi-Fi」で日本語での読み方は「ワイファイ」


というわけで「WiFi」っていう単語で検索してみたところ1番目に出てきたのがこのページです。

Wi-Fi

僕は今までブログ上では「WiFi」っていう単語をよく使ってましたけれど正式には「Wi-Fi」っていうみたいです。「wireless fidelity」っていう単語の略語で「Wi-Fi」ってことみたいですねー。

そして、日本語読みは「ワイファイ」。「ワイハイ」っていう読み方ではないみたいですねー。ふむふむ。


この記事を書いた理由


そんなわけで正しくは「Wi-Fi」で、読み方は「ワイファイ」のようです。

僕がなんでこの記事を書こうと思ったのかというと、さっき言ったとおり質問メールで人によって呼び方が違ってた事が原因です。呼び方が違うことに対して思ったのが「そもそもややこしい名前をつけるからユーザーが混乱するんだよなぁってこと。

他の記事でも何度か触れていますけれど、「Wi-FiとかWiMAXはせっかく便利な技術なのに名前とか呼び方が難しいから知識のない人はとっつきにくい」ってずっと思ってるのです。

今回もそんな気持ちがわいてきたので記事にしたんです。


結論


Wi-Fiの書き方と読み方を調べてみて僕が出した結論は「伝わればなんでもいいんじゃないかな?」ってことです。

WiFiでもワイハイでも相手には伝わりますし、気をつけるというか、伝えるべきことは「Wi-Fiを使って何ができるか?どんな人に向いてるか?」っていうことだと思ったわけです。なので、これからもWi-Fiって書くこともあるしWiFiってかくこともあるので気にしないで下さいませm(_ _)mっていう話でした(^O^)/
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。